ABOUT STRAPS

手縫いの芸術「クチュール・セリエ」
クチュール・セリエとは、馬具を作っていた革職人たちにより今日まで伝えられる技術です。
1本の糸の両端にそれぞれ針をつけ厚い革にステッチをかけていく技法で、このような繊細な技法で縫われる時計ベルトは、非常に丈夫なだけでなく、ひと目見てその美しさがわかるほど逸品に仕上がります。
今日でもクチュール・セリエを用いて時計ベルト製作するのはカミーユ・フォルネ社をはじめとするごく限られたメゾンだけとなっています。

各種サイズ表記

【胴元幅/美錠幅】

胴元幅とは、ベルト時計本体に接着する部分のサイズ(A)を指し、美錠幅とは、ベルトの美錠サイズ(B)を指します。
より多くの方のご要望にお応えできるよう、胴元幅は10mmから22mmサイズまでご用意しております。

【ベルトの長さ】

ベルトの長さは2種類ございます。

105(mm)×70(mm)

115(mm)×75(mm)

ベルトの厚み

ベルトの仕様により2.5mmから4.5mmまでの厚さがあります。

裏材

時計ベルトには3種類の裏材があります。お客様のお好みや使用方法に合わせてお選びいただけます。

アンチ・スウェット仕様

牛革をラバーコーティングした「カウチュ」という特別な素材を使用しています。ベルトの裏側には、縫い目を出さない仕様のため、 汗の染み込みを抑えられる耐汗性に優れた時計ベルトです。
カラー展開/ブラック・ベージュ

  • 時計
  • 時計

カーフ仕様 

上質なカーフ(2種類)を使用し、革の素材感を愉しめる時計ベルトです。表面にコーティングを施していないため、通気性、吸湿性に優れ、 肌への負担を最小限に抑えることができます。
カラー展開/ベージュ・ルカ

  • 時計
  • 時計

カミーユ・フォルネ時計ベルト

HABILLER(アビエ)※アビエとは、フランス語で「着替える」という意味です。

2004年より時計ベルトのすべてのコレクションに『アビエ』システムを導入しています。
時計ベルトのバネ棒に小さな「ツメ」をつけることで特別な工具を使わずに簡単にベルトの交換ができるシステムです。

アビエベルトの取り付け

  • 時計

    アビエのバネ棒を、片側のラグ部分に挿入します。

  • 時計

    レバーになっているツメ部分を指先でスライドし、先ほどと逆のバネ棒の片側をラグにはめ込みます。

  • 時計

    スライドしたレバーを戻し、ラグにしっかりはめ込みます。

  • 時計

    取り付け後は、革ベルトと時計を軽く引っ張り、外れないか確認を行ってください。

※時計をご使用の際は、バネ棒がしっかり時計本体に装着されているか確認をお願いします。

時計ベルトの取り外し方

※時計のラグやバネ棒の状態によって、取り外しができない場合があります。また他の方法で固定されている時計ベルトもございます。
※ここでは、通常のバネ棒を使用した時計のベルトの外し方をご紹介しております。
※時計ベルト交換工具「バネ棒外し」をご用意ください。

時計のラグ(外側)にかん穴があるタイプ

  • 時計①ラグ(外側)にかん穴があいているか確認します。ルーペなどを使って、汚れや傷などを確認をしておきましょう。
  • 時計②かん穴に工具(つき棒)の先端を差し込みます。先端を入れる時は傷つかないよう注意してください。
  • 時計③時計を指で固定し、工具(つき棒)でかん穴の中にあるバネ棒を垂直に押し込みます。
  • 時計④バネ棒を押し下げ、ベルトを取り外せる長さに縮ませて、穴からゆっくり外します。

時計のラグ(外側)にかん穴がないタイプ

  • 時計①ラグ(外側)にかん穴がないことを確認します。
  • 時計②革ベルトを少し押し縮め、隙間からバネ棒を確認します。
  • 時計③隙間に工具(二股側)を入れバネ棒の溝に固定し押し下げます。
  • 時計④ベルトを指で軽く、手前もしくは奥に倒し、縮んだバネ棒の先端を穴からゆっくり外します。

美錠の取り外し

※ネジ付き等特殊な取り付けの時計は、時計専門店などにご相談ください。

側面に穴があるタイプ

  • 時計①革ベルトに取り付けしている美錠側面に、穴があいているか確認します。
  • 時計②革ベルトを指で固定し、工具(つき棒)の先端を美錠側面の穴に垂直に差し込みます。バネ棒が縮み、取り外せる長さになります。 縮んだバネ棒の先端を穴から外します。
  • 時計③コの字型の美錠(本体)が外れます。革ベルトからバネ棒を中央まで取り出すと、つく棒を外すことができます。
  • 時計④取り外したパーツは、バネ棒(左)、つく棒(中)、コの字型の美錠(本体)(右)で構成されています。

側面に穴がないタイプ

  • 時計①革ベルトと美錠の隙間に、工具(二股)を差し込み、バネ棒の溝に固定し、押し下げます。
  • 時計②指でベルトを固定し、縮んだバネ棒を押し下げた状態でコの字型美錠(本体)を取り外すことができます。
  • 時計③左右ともにコの字型美錠(本体)を外します。
  • 時計④バネ棒をベルトから抜き取り、つく棒が取り外すことができます。

美錠の取り付け

カミーユ・フォルネ銀座ブティック、各コーナー、ONLINE STOREでは、時計ベルトをご購入のお客様に、無償にて美錠をお取り付けしております。
ゴールド or シルバーをお選びください。

  • 時計①革ベルトの切り込み部分に、つく棒の先端が下向きになるように差し入れます、バネ棒を革ベルトの穴に挿入し先が突き出るまで押し込みます。
  • 時計②つく棒の穴にバネ棒が通っているか確認してください。下側に突き出たバネ棒の先を、コの字型の美錠(本体)の穴に入れます。
  • 時計③工具(二股側)を使い、バネ棒を押し下げて縮ませ、美錠の穴に入れ込みます。
  • 時計④取り付け後は、美錠と革ベルトを軽く引っ張り、外れないか確認を行ってください。

D-BUCKLE(ディプロイメント-バックル)

両側から均等に折りたたむタイプのバックルで、美錠の代わりにお使いいただけます。 腕に着けたときの装着感がよく、留め金がちょうど手首の中央にくるため、手首の細い方にも満足いただける製品です。美錠にベルトを出し入れする必要がなく、剣先側のベルトが痛みにくいというメリットもございます。

  • 時計①美錠側にDバックルを固定し、剣先側のパーツで、長さを調整します。 美錠側には付属のバネ棒が装着されています。
  • 時計②Dバックルに装着されているバネ棒を取り外し、革ベルトに差し込みます。
  • 時計③美錠側パーツの穴にバネ棒を固定し中央の切り込みから見えるバネ棒にDバックルをかませます。
  • 時計④隙間に工具(二股側)を入れ、バネ棒を押し下げて縮ませ穴に入れ込みます。

    ※美錠の取り付け③を参照
  • 時計⑤剣先側にフレーム状のパーツを通し、つく棒を革ベルトの穴に入れます。
  • 時計⑥先に美錠側を中央部パーツに向かって閉じ、剣先を定遊革に通しながら剣先側を閉めます。カチっと音が鳴ることを確認してください。つく棒を左右にスライドさせ、手首のサイズにあった穴に固定してください。

カラー:ステンレススティール / ゴールドメッキ
サイズ:12mm 14mm 16mm 18mm 20mm

  • 時計
  • 時計
  • 時計
  • 時計